Just another WordPress site

ペットボトルで解消

トイレつまり解消の道具はペットボトルでも作れる

排泄物やトイレットペーパー、また誤って流してしまった異物などを原因として発生するトイレつまりは、非常に厄介なものです。専門業者を呼べば、専門道具やプロの技術によって、それ程、時間をかけずに解消してくれます。しかし、方法によっては驚くほどの費用が必要となることも少なくありません。
また居住環境や時間帯によっては、業者を呼ぶことで周囲の人に迷惑をかける、周囲の人の目が気になると言う場合もあるかもしれません。ですから可能であれば、トイレつまりは自力で解消させたいものです。その際、トイレつまり解消に頼もしい存在となってくれるのが、ラバーカップです。
先端のカップの部分を便器のくぼみ部分に当て、真空状態を作り出します。そしてカップを押し引きすることで水を流動させ、つまっているものを流すと言うのが、ラバーカップの役割です。便器のくぼみに当てたら、まずはゆっくりと排水口に向かって押し、その後、勢いよく引き抜くのが効果的な使用方法です。水が飛び散るので、使用の際は床などに新聞紙などを敷いた方が良いです。極めてアナログな道具ですが、トイレつまり解消のためにはとても役立つ道具です。そのため、家庭にひとつ、備えておくととても安心です。
そしてこのラバーカップ、実はペットボトルから作ることも可能です。
勿論、ペットボトルから作ったものが、完全にラバーカップと同じ働きをするのかと言うと、そんなことはありません。あくまでも、ラバーカップの代用品のようなものを作ることができると言うことなのですが、これを知っておくと『トイレつまりが発生した。だけど、家にはラバーカップはない。どうしよう』と言う時にも、安心して対処することができます。
ラバーカップ代用品を作るために必要なペットボトル、その大きさは特に問いません。ただし、トイレの便器の中に入れることを考えると、大きさは500mlのもの、そして形状としては持ちやすい丸形タイプのものが良いです。
そしてそのペットボトルの下、ボトル全体の4分1程度をカッターナイフで輪切りにします。安全のことを考えると、カッターで切り込みを入れて、その後、ハサミで輪切りにしていくのも良い方法です。物としてはこれで完成です。
実際の使い方としてはまず、ペットボトルの切り口側を便器に勢いよく突っ込みます。
そのまま、ぐい、と押すと飲み口のところから押された水が出てくるはずです。そのまま、もう少し奥まで切り口側を押し込んでいき、飲み口部分を半分くらい掌で塞ぎながら、今度は勢いよく引き抜くと言うのが、使い方です。
ラバーカップほどの威力は期待できませんが、水の流動が発生しますから、うまくいけばこの方法でもトイレつまりの解消が期待できます。