Just another WordPress site

トイレつまりの理由

トイレつまりの理由について

トイレは毎日、そして一日に何度も、家族全員が使用する無くてはならない場です。最近では、ほとんどの家庭において水洗トイレとなっています。水で流すという単純かつ画期的なシステムですが、トイレつまりなど、何らかのトラブルが発生する機会も多いです。トイレつまりを起こすと不便なだけではありません。排泄物の混ざった汚水が溢れることがあり、衛生面で非常に不愉快な思いをすることになります。
トイレの便器の内部は、水を張る必要があるため、水が流れる通路が一旦上向きとなっています。排水管のひとつめの曲がりポイントである「せき」と呼ばれる部分を過ぎると、水は一気に下向きに流れて行きます。せきは特に細くなっていますので、トイレつまりを最も起こしやすい部分であるといえます。トイレつまりで一番多い理由は、トイレットペーパーを大量に使ってしまうことによるつまりです。水の力はとても強いものですが、便器内の物をいくらでも流せるというわけではありません。特に最近のトイレは節水タイプが多く、よく流れるように設計はされていますが、それでも水の量が少ないためつまりやすいという事実があります。節水タイプのトイレの場合は、特に一度に流す量に注意を払う必要があります。
もうひとつのトイレつまりの理由は、排泄物によるつまりです。一度に排泄する量が、トイレの洗浄力を上回ってしまった場合に起こります。節約のため、タンク内にペットボトルを入れて、水の量をカサ増ししている家庭もありますが、便器内に流れてくる水の量が少なくなるので、トイレつまりが発生する率が高くなります。排泄中にこまめに流すことは難しく、流してしまうと健康チェックができなくなるため、十分に便器内を洗浄できるだけの水の確保する必要があります。
小さなお子さんがいる家庭によくあるのが、おもちゃを流してしまうとによるつまりです。また、大人でもポケットからうっかり物が落ちてしまい、拾いたくないためにそのまま流してしまう場合があります。女性では、生理ナプキンを流してしまうことが、トイレつまりの理由のひとつとして挙げられます。
水に溶ける物による軽いトイレつまりであれば、時間が経ってからもう一度流すと解決することがあります。また、トイレつまりの救世主であるラバーカップをうまく使いこなすと、一瞬で通りが良くなります。しかし、水に溶けないおもちゃやボールペンなどの異物は、場合によっては業者に依頼する必要性が出てきます。排水管工事をしなければ直らないといった大事にもなり兼ねません。トイレだけは、壊れかけたものを使い続けることが難しいものなので、なかなか解決しないトイレつまりは、速やかに業者を呼ぶ方が良いでしょう。